アンチエイジングサプリがなぜ効くの?副作用なし!若返り効果を実感できるランキング

男性がアンチエイジングをするべき理由と実践法

アンチエイジングとは、いつまでも若くいること。
若くいられると、男性にとって、さまざまな良いことがありますよね?

  • 髪の毛が抜けない
  • 見た目が老け込まない(=おじさんにならない)
  • 下半身の元気が衰えない
  • 臭くならない(※加齢臭=老化現象です)

など

 

男性アンチエイジング

 

「歳を取ったからと言って、人生を終わらせたくない。」
「恋愛対象から外されたくない。」
「娘に嫌われたくない。」

 

そんな願いを叶えてくれるのがアンチエイジングです。


 

ラ○ザップのように劇的に変わらなくても、ラ○ザップよりもずっと手軽に取り組めて、ちゃんと結果が出るなら、一度始めてみたいと思いませんか?

 

 

もくじ

 

はじめに ~男性がアンチエイジングをするべき理由~

男がアンチエイジングと聞くと、

  • 「アンチエイジング?女性の化粧と同じで、男には必要ない。」
  • 「男は中身だ…。」
  • 「だって女性はそういう生き物だし。だけど男は違う!」

なんて思っている人は多いのではないでしょうか?

 

日本の平均寿命は、6年以上も女性のほうが長いという結果が出ています。
アンチエイジングという言葉が生まれる前から、女性はアンチエイジングをずっと実践したのです。
歳とともに出てくる「男の悩み」、あなたも解決させてみませんか?

 

ハゲたくない!髪の毛を増やすための方法

「ハゲないこと」、これは男性にとって永遠のテーマです。

 

たとえばEDは、妻や恋人など特定のパートナーにしか知られないことが救いですが、ハゲは出会う人すべてから容赦ない視線にさらされてしまいます。
髪形をいくら工夫しても、症状が進めば隠しようもありません。
男性ハゲの悩み

 

カツラも、何かウソをついてるみたいだし、何かのはずみで周囲にバレたときは、会社なら退職するレベルで、知り合いとはもう二度と会えません。
ハゲを笑う

 

ハゲとは?

ハゲとは、「男性型脱毛症」と呼ばれ、男性ホルモンと深い関係があります。
いわば男性ホルモンの副作用であり、男性ホルモンが多い男性には深刻な問題です。

 

ハゲの割合

アデランスが、2007年に東京都内の成人男性7467人を対象に調査をしたところ、「薄毛率」は26.8%だったそうです。
これは、「日本人男性は4人に1人がハゲている」ということになります。
日本社会はストレスも多く、男性にとって深刻な問題です。

ハゲの原因

ハゲてしまう原因は、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが関係します。

 

このテストステロンが、5αリダクターゼという酵素と結合すると、DHT(ジヒドロテストステロン)という髪の毛に有害な物質に変わります。
このDHTが毛根に働くと、ヘアサイクル(毛周期)に異常が起こってしまい、うぶ毛の段階で毛が抜けてしまうのです。

 

ハゲは遺伝

「日本人の4人に1人がハゲる」ということは、逆に言うと、7割以上はハゲないということです。
それは一体なぜでしょうか?

 

ハゲの原因の99%は、先天的な遺伝と言われています。
多くの遺伝子の組み合わせによってハゲが起こります。

 

東京メモリアルクリニック・平山の佐藤院長が、約3700人のAGA患者に調査した結果、

「父親がハゲだった」人は51%
「父方、母方どちらかの祖父がハゲだった」人は34%

だったそうです。

 

意外なことに、半分は「父は無事だった」という計算になります。
しかし、祖父がハゲていると、リスクは高くなるのは間違いありません。

 

ハゲの予防

ハゲの予防は難しいと言わざるを得ません。

「ワカメなどの海藻類を食べると良い」と言いますが、これは医学的に何の根拠もありません。
頭皮マッサージは血行促進の効果もありますが、強すぎたり、やりすぎると、髪が抜けて脱毛が進みます。
「髪を洗わないと毛根に皮脂がつまって毛が抜ける」とも聞きますが、これも無関係です。

江戸時代の習慣では、月に1度しか髪を洗わなかったそうですが、髪の毛に問題はなかったそうです。

 

そういえば私の周りでも、ワカメをたくさん食べているという男性がいますが、一年以上見続けても頭に変化は見られません。
結局、食生活や生活習慣ではハゲを防ぐのは難しいのでしょうか?

 

ハゲを抑え、髪の毛を増やすための方法

たとえ薬やマッサージで血行を良くしても、一時的な効果しかありません。
根本解決にはならないのです。

 

私たちのカラダは、日々の食事からできています。
どういう栄養を摂るかによって、どういうカラダになるかは決まっていくのです。

 

脂っこいものばかりを食べていれば、カロリー過多になり、頭にも良くありません。

 

それならば、頭に必要な栄養素をしっかり摂取してみてはいかがでしょうか?
副作用なく、体の中から健康になって、髪を生やす方法です。

 

ワカメが髪に良いとは言っても、ワカメだけを食べていてはいけません。
もっと髪に良い栄養素をバランスよく食べる必要があるのです。
とは言っても、髪に良い食事を毎食作るのも困難です。

 

たとえば、髪にいい栄養素ばかりを詰め込んだサプリメントもあります。
これを摂取していると、必要な栄養素をたくさん摂れ、実は統計を取ってみても、とても早く効果が表れるそうです。

 

髪に必要な栄養とは?

ノコギリヤシ

ノコギリヤシ

ノコギリヤシとは?

ヤシ科の植物。幹は不規則に伸びて、砂浜に密に群生するか、松林・広葉樹のハンモックの下生えとして見られる。

 

ノコギリヤシの効果

ノコギリヤシには、前述したDHT(=ヘアサイクルに異常を起こし、うぶ毛の段階で毛が抜けてしまう原因物質)の生成を抑制する効果があります。
薬によく使われる成分であるフィナステリドにも、DHTを抑制する効果がありますが、副作用の危険性があります。

 

フィナステリドには、「性欲減退」と「勃起不全」という副作用があります。
精子の質が落ちることで、流産の危険が高まったり、子供のDNA情報に悪い影響を与えることも指摘されています。

 

亜鉛

亜鉛

亜鉛とは?

必須ミネラル(無機質)16種類の一つ。
100種類を超える酵素と相性がよく、身体をイキイキさせるために必須である。

 

亜鉛の効果

亜鉛は、髪の毛が生えるのを助けるケラチンを作り出す働きがあります。
日常の食事では、レバーや牡蠣に含まれますが、必要な量を毎日摂取するのは大変な成分です。
また、亜鉛には男性機能の働きを助ける効果もあります。
脱毛の原因は男性ホルモンにあるため、育毛では何かと男性ホルモンを減少させる方向に向かい、男性機能が低下しがちです。
そのため、亜鉛の必要性はとても大きいものがあります。

 

育毛剤の限界

育毛剤には、DHT(=ヘアサイクルに異常を起こし、うぶ毛の段階で毛が抜けてしまう原因物質)の生成を抑制する効果があります。
しかし、それは一時的なものです。
塗ってしばらくすると、成分は消えていきます。

 

それなら、ノコギリヤシなど髪の毛に良い栄養素を食べることで、体の内側からハゲない体質を作りませんか?

 

まとめ

大切なことは、育毛剤に頼るなど「その場しのぎ」にならないこと。
髪の毛に必要な栄養をしっかりと摂って、カラダの中から根本解決することが大切です。

 

しかし、ワカメだけを食べていても、髪の毛に必要な栄養は偏ってしまい、量も足りません。
髪の毛に必要な栄養素を、必要な分だけしっかりと補給するには、日々の食事だけでは少し難しいのです。

 

そこで、解決策の一つとして提案するのが、髪に必要な栄養素がしっかり詰まったサプリメントを摂ることです。
→ワカメを食べ続けるのとは、比べ物にならないほど、髪の毛にいい成分が摂取できます。

 

<<髪に必要な栄養を補給して根本解決を>>