アンチエイジング人気のおすすめサプリは?副作用なし!若返りを実感できるランキングはこちら

プラセンタの効果・効能・種類などを徹底解説

プラセンタとは?

プラセンタとは、英語で「胎盤」のことを言います。
アンチエイジングや美容の分野で、今もっとも注目の成分といっても過言ではありません。
胎盤

 

では、プラセンタの何がそんなにすごいのでしょうか?

 

もくじ

 

プラセンタの成長因子は細胞を再生できる

プラセンタの中でも、一番の注目成分が「成長因子(グロースファクター=GF)」です。
「細胞増殖因子」とも呼ばれます。
これは、お肌などの細胞を再生させる効果があります。
細胞

 

他の成分では補うことしかできない

ビタミン・ミネラル、コラーゲン、ヒアルロン酸、大豆イソフラボン、グルコサミンなどの有名な栄養成分は、年齢とともに減少してしまうため、「補ったほうが良い」と言われる栄養成分です。

 

たとえば、お肌のヒアルロン酸が減少すれば、保湿力が下がって乾燥してしまい、お肌がボロボロになるため、ヒアルロン酸を補って保湿しましょう、といった流れになります。

 

ですが、成長因子によって細胞が再生し、若いお肌に戻れば、ヒアルロン酸はそもそも不足しないのです!

 

成長因子は細胞を若返らせる

プラセンタの「成長因子」は、年齢とともに老化していく細胞を再生させるという他の栄養成分では得られない効果を得ることができるのです。

 

人間の老化とは、細胞が老化することです。
細胞が老化すると、新陳代謝が鈍くなり、古くなった細胞が新しい細胞へ生まれ変わりにくくなることで、内面的にも外面的にも老化が進行してしまい、やがて死を迎えます。
プラセンタの成長因子は、そうした老化した細胞の再生を促してくれるため、お肌や身体中の細胞が活性化して、見た目や身体の機能の若さを強力にサポートしてくれるのです。

 

この成長因子の成分を持つのは、自然界ではプラセンタだけです。
アンチエイジングや美容の分野で、プラセンタが引っ張りだこになるのもよくわかる気がします。

 

プラセンタは各種栄養素がぎっしり

プラセンタには、とても多くの栄養素が含まれています。
三大栄養素(たんぱく質、脂質、糖質)をはじめ、ミネラル、ビタミン、酵素、核酸など、わたしたちの体に必要な成分が多彩に含まれています。

 

プラセンタの成分

アミノ酸 ロイシン、リジン、バリン、スレオニン、イソロイシン、グリシン、アラニン、アルギニンなど
活性ペプチド 薬理活性の中心である活性ペプチドが数多く確認されている

(アミノ酸の重合をペプチドと呼ぶ)

たんぱく質 アルブミン、グロブリンなど
脂質・脂肪酸 コレステロール、ホスファチジン酸、ホスファーチジールエタノールアミン、ラウリン酸、パルミテン酸など
糖質 グルコース、ガラクトース、ショ糖など
ムコ多糖体 ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸など
ビタミン ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ナイアシンなど
ミネラル カルシウム、ナトリウム、カリウム、リン、マグネシウム、亜鉛、鉄など
核酸 DNA、RAN、および代謝産物
酵素 アルカリホスファターゼ、酸性ホスファターゼ、ヒアルロニターゼ、アデノシン3リン酸など、100種類近くが確認されている

 

プラセンタの薬理作用

プラセンタは、薬として認められてしまうほど素敵な成分です。

  • 自律神経のバランスを整える
  • 肝臓の働きを強める
  • 病気に対する抵抗力を高める
  • 基礎代謝を盛んにし、細胞や器官、臓器の働きや血流を活性化させる
  • 老化やあらゆる病気の引き金となる活性酵素を除去し、酸化を防ぐ
  • 炎症を抑え、壊れた組織の修復を促進する
  • ホルモンバランスを整える
  • 精神を安定させる
  • 妊婦の乳汁(おっぱい)分泌を促す
  • アレルギーを抑える
  • 体質改善を促す
  • 造血組織を刺激し、貧血を改善する

 

プラセンタの作用

このような豊富な栄養成分と薬理作用の合わせワザで、プラセンタは人体に対して、さまざまな健康増進効果をもたせてくれます。

 

細胞活性化 細胞を活性化させることによって、栄養分をしっかり吸収し、血管を強く、神経を正常にし、ホルモン分泌・免疫機能の働きを改善し、身体を内側から元気にしてくれる。
免疫力の強化 目には見えないけど、私たちの周りには細菌やウイルスがいっぱい。これらが体内に侵入したときに敵と闘い、私たちの体を守ってくれるのが免疫の働き。プラセンタにはこの免疫力を高める作用がある。
炎症を抑える 炎症に対し免疫が過剰に反応すると、リウマチなどの自己免疫異常に陥ることもある。プラセンタにはそんな慢性化した炎症を抑え、腫れや痛みを取り除く効果がある。
血流を良くする 血行が悪いと、全身に酵素や栄養分が行きわたらず、老廃物の排泄がスムーズに行かなくなり、冷え性、生理痛、肩こりをはじめ、あらゆる病気の引き金となる。プラセンタは血行を良くし、同時に血液の浄化、血管の生成にも役立つ。

 

個人的には、「血行を良くする」というところは要チェックです。
冷え性にも効きますし、カラダに栄養素を行き届け、老廃物を排出するので、ダイエットやむくみ解消など、良いことづくめです。

 

プラセンタが有効な症状

プラセンタは実際どんな症状に「効く」のかをチェックしてみましょう。

 

婦人科系 更年期障害、生理痛、生理不順、乳汁分泌不全、高プロラクチン血症など
内科系 肝炎、肝硬変、慢性膵炎、糖尿病、慢性胃炎、胃弱、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、気管支ぜんそく、慢性気管支炎、高血圧、低血圧、習慣性便秘、痔など
外科系 関節リウマチ、変形性関節症、関節症、神経痛、腰痛、五十肩、肩こり、傷の治癒など
皮膚科系 アトピー性皮膚炎、乾癬、ワキガ、湿疹、あかぎれ、シミ、ソバカスなど
神経科系 自律神経失調症、不眠症、鬱状態、無気力など
泌尿科系 前立腺肥大、膀胱炎など
眼科系 白内障、アレルギー性結膜炎、視力低下など
耳鼻咽喉科系 アレルギー性鼻炎、メニエール病、花粉症など
歯科系 歯槽膿漏、歯周病など
その他 披露、冷え性、虚弱体質、病中病後の体力回復、強壮・強精など

 

ガツンと若返り、美肌をモノにできる

そして、忘れてはならないのが、プラセンタの若返り・美肌効果です。
プラセンタの美肌効果は、以下の通り。

  • 美白作用
  • 保湿作用
  • 皮膚細胞の新陳代謝の促進
  • コラーゲンを生成する
  • 細胞の増殖・再生を高める
  • 血行を促進する
  • 活性酵素を除去する
  • 抗炎症作用
  • 抗アレルギー作用
  • 免疫活性化

 

これでもかというほど、効果がてんこ盛りですね。
これだけの作用が一致団結、相乗的に効果を示して、お肌を美しくしてくれるわけですね。

 

こうやっていろいろ調べてみると、プラセンタはカンタンに言って、女のお悩みについての万能選手ですね。
これは試すしかない!?

 

 

プラセンタ製品を選びで気をつけること

プラセンタの力を発揮するには、質のいいプラセンタが配合された製品を選ぶようにしてください。
質の悪いプラセンタ製品も出回っており、そうした製品はプラセンタ以外の不純物が多く含まれ、プラセンタの質も良くないために効果もあまり期待できません。

 

また、「植物性プラセンタ」や「海洋性プラセンタ」の商品もありますので、選ぶときには注意してくださいね
わたしも昔、「穂のしずく」というサプリメントを飲んでいましたが、植物性プラセンタだったことを知り、「成長因子入ってないんだ…」とショックを受けたことがあります。。

 

※「穂のしずく」が悪いわけではなく。。わたしが無知でした。。

 

 

純度100%、馬プラセンタサプリ[母の滴]

 

 

「穂のしずく」です。このバナーが可愛くて、商品を愛飲してました。

関連ページ

プラセンタ注射の危険性
いつまでも若くありたい!それを実現できる方法をご紹介!アンチエイヂングに必要な栄養素をお手軽に摂れるサプリメントを人気のおすすめ順にランキングで紹介しています。どうしてサプリが有効なのかも徹底解説中!必見の内容です!
母の滴サラブレッド100の効果詳細
いつまでも若くありたい!それを実現できる方法をご紹介!アンチエイヂングに必要な栄養素をお手軽に摂れるサプリメントを人気のおすすめ順にランキングで紹介しています。どうしてサプリが有効なのかも徹底解説中!必見の内容です!
プラセンタでうつ病が治る!
いつまでも若くありたい!それを実現できる方法をご紹介!アンチエイヂングに必要な栄養素をお手軽に摂れるサプリメントを人気のおすすめ順にランキングで紹介しています。どうしてサプリが有効なのかも徹底解説中!必見の内容です!
【効果なし?】更年期障害にプラセンタサプリをおすすめしない3つの理由
いつまでも若くありたい!それを実現できる方法をご紹介!アンチエイヂングに必要な栄養素をお手軽に摂れるサプリメントを人気のおすすめ順にランキングで紹介しています。どうしてサプリが有効なのかも徹底解説中!必見の内容です!