アンチエイジングなぜサプリが効くの?副作用なし!若返り効果を実感できるランキング

ダイエット知識

ダイエット知識記事一覧

人間は年を取ると、だんだんと太りやすいカラダになってしまいます。これを食い止めるにはどうすれば良いのでしょうか?実は、「痩せやすい体質」を作ることができる成分があるのです。この3つです。ビタミンBビタミンDαリポ酸太ったり痩せたりするのは、基礎代謝が関係している基礎代謝を上げることが「痩せやすい体質」を作ることにつながります。基礎代謝量を決定する大きな要因は、筋肉と骨です。筋肉筋肉を使わないでいる...

世の中に”飲むだけで痩せる薬”というものは存在しません。もしあったら、100%詐欺です。昔、ダイエットに効く薬についても調べましたが、そのメモを残しておきます。甲状腺ホルモンを増加させる薬以前、甲状腺ホルモンと同じ作用を持つ”やせ薬”がありました。甲状腺ホルモンは、全身の代謝を上げて、カロリーをどんどん消費させる働きがあります。その作用を利用したものですが、カラダに危険な作用を起こすので、すぐにな...

便秘の人は、食物繊維が不足している場合が多いので、まずは食物繊維を多く摂るようにしましょう。食物繊維は、腸内に貯まり込んだ有害物質と水を吸着させる「そうじ屋」となり、便と一体になったカタマリ(=お通じ)となって排出されます。便秘の人は、便が長時間腸内に溜まっているため、食べ物に含まれている有害物質がどんどん腸から吸収されてしまいます。便秘薬を使ってはいけない理由有害物質を排出するためには、便秘を治...

ついつい夜に食べ過ぎてしまって、メタボ気味になってはいませんか?体内時計をプログラミングし直せば、夜型過食のメタボを治せます。夕食過多、朝食欠食の傾向がある人、また、昼食までは空腹を感じないのに、夕食や夜食で食べ過ぎてしまう人には原因があります。実は、夜型過食の人は、夜の時間帯に、消化管が活発に動いて消化液がたっぷり分泌されるように、体がプログラミングされてしまっているのです。体質のせいにしないで...

以前、たんぱく質を十分摂ることは、長生きのために必要だと書きました。しかし、それだけではなく、実は太らないためにもとっても大事なのです。たんぱく質を摂らないと、筋肉がなくなってしまい、脂肪が燃焼しません。今は良くても、5年後、10年後に脂肪が燃えにくい体になってしまうのです。筋肉が落ちて、脂肪が増えて、メタボまっしぐらの体型にはなりたくないものです。また、筋肉がないと、体はどうしてもたるみ、ゆるん...

ダイエットをするときに、「炭水化物を減らす」、あるいは「脂質を減らす」など、いろいろな方法がこれまで提案されてきましたよね?けれども、これまでのさまざまなダイエット研究を総合すると、炭水化物だけを減らす方法も、脂質だけを減らす方法も、残念ながら減量結果に関係しないという報告がされています。低炭水化物、低脂肪にこだわるのではなく、重要なのは摂取カロリーの総量を低くするダイエットを続けること、なのです...

実は便秘に悩む人は多く、特に日本女性の半数は便秘に悩んでいるといわれています。だからと言って、便秘薬を常用するのは、腸のために良くありません。下剤の連続使用はNGです。やはり食事と運動で解消するのが一番です。食事では、玄米、とうろもこし、全粒粉、大麦、ライ麦、そば、雑穀、果物、野菜、豆類、海藻、タネ。加えて、水分を1日1~1.5リットル摂る。これであなたも便秘知らずに!さらに運動として、ウォーキン...

もちろん、”1日3食規則正しく”は理想ですが、時間だからとお腹もすいていないのに、無理に食べる必要はありません。特に、現代人は忙しく、3食規則正しく、同じ時間に食べることのほうがむずかしいと思います。そこは”腹具合”で決めていいのです。たとえば、夜、1食抜いてもOKです。大事なのは、しっかり空腹を感じてから食べること。空腹を感じて食事をすると、グレリンというホルモンを介してアンチエイジングに欠かせ...

強いストレスを感じている、イライラする、頭にくることがあった…というときは、食べないことが大事。”ストレス食い”は、アンチエイジングにはもってのほかです!人はストレスがあると、自律神経の”交感神経”のほうが優位になります。胃腸の消化機能は、自律神経の”副交感神経が優位”な時に働きますので、ストレスなどで”交感神経が優位”な時には、消化が悪くなるのです。すると、胃もたれ、胃痛、ムカムカ、おなかの張り...

いつまでも若々しく、吹けない生き方をするには、3日坊主、大いに結構。けれども、3日坊主で”あきらめないこと”は非常に必要です。要するに「3日しか続かなかったから、もうダメだ…」と投げ出してしまうのではなく、”3日坊主”を繰り返して欲しいのです。日本人は、勤勉で完璧主義、頑張りすぎる人が多いので、つい当初の計画や目標通りにいかないと、中止してしまうケースが多々あります。「玄米食だけを3日間つづけたけ...

毎日、体にいいものだけを、食べ過ぎないように食べて、ストレス解消を心がける。これがアンチエイジングの理想ですが、実際のところは非常にむずかしく、現実的ではありません。ダイエットや運動が長生きしないのは、毎日きちんとやろうと頑張りすぎるから。もっとゆるやかに、ある意味、いい加減にやるのが長生きする秘訣です。食事と運動は1週間単位で考えます。1週間に1回、体のいい食事の日をもうけるだけでも違います。ま...

むくみ体質に悩んでいる人は多いのではないでしょうか?むくんでいると体脂肪率が実際よりも高くなったり、見た目にもたるみやゆるみが出やすいものです。むくみ取りには、ダイエットよりリンパマッサージが効きます。そもそも、むくみ、肩こり、脂肪がたまりやすい体質の人は、リンパ液を流す筋肉の収縮運動が足りないことが多いのです。リンパマッサージで体内の血行とリンパの流れを良くすれば、老廃物や水分の回収・運搬・排泄...

とにかくどんな運動でも、やりたいと思ったものを、楽しんで行うのが一番です。でも、今まで全く運動していなかった人が急に運動を始めると、体に痛みが出たりして、やめてしまうこともしばしば。その理由は、筋肉がなかなかついていかないからです。そこで、できれば軽い腹筋やスクワットなどの筋トレを一緒に行えたら”なおよし”なのですが、無理は言いません。軽いウォーキングでも長く続けられれば、それで健康には十分だから...

美容と減量のために手始めになにか運動を!と思ったら、まず5分間(目標は500メートル)続けて歩いてみてください。「もちろんウォーキングをしたら、美容にもダイエットにも効果があることは分かっているが続かない!!」という人が多いのが現状ですよね。でも、ウォーキングは、生活習慣病を予防するだけでなく、体脂肪を燃焼させるダイエット効果も高く、運動強度もそれほど高くないので、年配の方や運動が苦手な女性にもお...