アンチエイジング人気のおすすめサプリは?副作用なし!若返りを実感できるランキングはこちら

アンチエイジング知識

アンチエイジング知識記事一覧

ニキビの原因は、老化の原因と同じである、ということを知っていましたか?その原因はどちらも、「乾燥」、「紫外線」、「活性酸素」 の3つなんです。ですので、ニキビをそのままにしておくということは、肌の老化のスピードも上がってしまうということになります。逆に言いますと、ニキビを予防すれば、肌の老化を抑えることができるのです!ニキビの原因と対策お肌の大敵は ”乾燥” と ”紫外線” です。これらは、ニキビ...

ひと口にシワといっても、その原因はさまざまです。笑ったり、起こったりすることで表れる表情ジワや、加齢ゆえのたるみジワ、乾燥からくる小ジワ…など。そして深刻な病気を患っているときも、シワは出現するのです。そのシワ、大病のサインかも?たとえば、ガン。短期間で急激に体重が落ちるため、頬がげっそりして何本もシワが入ることがあります。頬のあたりのシワといってもほうれい線とは全く別物。何本ものしわが連なり、ま...

皮膚がんと紫外線、そしてシワの関係。ここで質問です。あなたは一年中、紫外線対策をしていますか?紫外線対策は夏だけでいいと思っている。日焼け止めを塗るのは、朝の1回だけ。ファンデーションにUVカット効果があるから、日焼け止めは塗っていない。外出しない日や曇りの日、雨の日は紫外線を気にしていない。日傘や帽子があれば、日焼け止めは塗らない。これらの項目に1つでも当てはまる人は要注意。最近ではオゾン層の破...

「どこのシワが気になりますか?」とお聞きすると、一番多く上がるのが、「ほうれい線」 と 「目元」。目元で印象の8割が決まるといわれるように、口以上に物を言う目元は気になるものですよね。アイメイクも、土台となる肌がどういう状態かによって、仕上がりの完成度や目ヂカラがまったく変わってしまいます。目元は皮膚が薄い分、シワやクマなど、さまざまなトラブルが出やすい場所ですから、全顔用のクリームを塗るだけでは...

保湿ケアはすべての美肌ケアの基本です。けれど、ある程度年齢サインが進行した肌には、それだけではない、もう一つ上のケアが必要になるんです。そのキーワードはズバリ、「肌の生まれ変わり」。肌の角質層の奥では、毎日、新しく若々しい肌細胞が生まれています。若く健康な肌であれば、新しく生まれた細胞は約28日の時間をかけて徐々に肌表面に押し上げられ、最終的に古い角質となって剥がれ落ちていきます。これがいわゆる、...

シートマスク、流行していますよね。コンビニやドラッグストアなどで、手軽に、しかも低価格で購入できるようになったのも嬉しい限り。正直、こういうものも悪くないなと思います。高給なマスクには、効果の高い美容成分がたっぷり入っていたり、アジア人の顔にフィットするように作られていたり、水分が蒸発しにくい設計になったりと、確かに使いやすいポイントがたくさんあります。シートマスクをするにあたっては、いくつか注意...

勘違いマッサージで顔がたるむ!?ここ数年、スキンケアにマッサージを取り入れる人が増えてきているようです。マッサージの目的マッサージの目的は、全部で3つあります。一つ目は、衰えていく筋肉を鍛えるため。筋肉は年齢によって衰えていきます。例えば口元の筋肉が衰えると、口がすぼんで支える力がなくなるため頬はたるんでいきますし、目元の筋肉が衰えると、まぶたや目の下のたるみだけでなくクマや小じわの原因にもなりま...

皮膚の老化度は、紫外線を浴びた量で決まってしまいます。どうして紫外線がお肌に悪いのでしょうか?紫外線によってお肌のコラーゲンが破壊され、皮膚の中に”活性酸素”が増えてしまうことで、シミができてしまうからです。活性酸素とは活性酸素は、コラーゲンをサビつかせたり、メラニンを増やしてシミの原因となるものです。少しずつ体内にたまった活性酸素は、人間のカラダを少しずつサビつかせていきます。逆に、活性酸素を抑...

世界一の長寿国である日本は、アンチエイジング国家と言えるかもしれません。その秘密はどこにあるのでしょうか?江戸時代には、「味噌を食べると医者いらず」とまで言われ、薬のように重宝されてきました。味噌汁の成分と効果効能味噌の原料は、抗酸化物質の一つである「イソフラボン」が豊富な大豆 と 「麹(こうじ)」です。どちらも、アンチエイジングに適した成分として現在非常に注目されています。イソフラボンは年齢を重...

老けないためには、食べ過ぎることは良くないのでしょうか?今回は、アンチエイジングのための適切な食事量について考えていきます。老けないために大切な食事量は老けないためには、やはり食べ過ぎは良くありません。しかし、逆に食べ無さ過ぎると、体は「飢餓モード」となり、脂肪を蓄えようとしてしまいます。つまり、老けないために大切なのは、身体が「飢餓モード」にならない程度に食べる量を減らすことが重要なのです。筋肉...

見た目と実年齢を比べると、見た目より若い人見た目と同じ人見た目より老けている人いろいろな人がいます。でも、できれば「見た目より若い人」に見られたいですよね!今回は、アンチエイジングサプリメントを使って若返りを実感できるかどうか?について書いていきます。老化させる要因老化のスピードは、遺伝よりも生活環境によって変化することがわかっています。つまり、生活環境を改善すると老化も改善するのです。不老不死と...

コエンザイムQ10は強力な抗酸化物質なので、身体に発生する活性酸素をどんどんやっつけてくれます。しかし、単独では力不足な成分なのです。だから、単純にコエンザイムQ10の摂取量だけを増やすこともおすすめできません。そもそもコエンザイムQ10そのものが比較的高価なサプリメントなので、いたずらにコエンザイムQ10だけの量を増やしてもコストがかかりすぎてしまいます。コエンザイムQ10は、他のビタミン類と居...

「まぶたを二重にする手術は、保険がきく」と思っている方もいらっしゃいますが、これは間違いです。通常保険はききません。美容医療には保険がきかない加齢とともに、上まぶたの皮膚が垂れ下がる「眼瞼下垂(がんけんかすい)」という症状があります。これは、視界をさえぎるほどまぶたが下がり、生活に支障をきたす場合、手術法によっては保険が適用されます。これが二重まぶたにする手術は保険がきくという誤った情報のもとにな...

バストの下垂に悩んでいる女性は多いと思います。今回はバストが垂れる原因やその対策、バストアップの方法について書いていきます。バストが垂れる原因バストは顔と同じ、「クーパー靭帯(じんたい)」というコラーゲンで支えられています。こちらは、Viageビューティアップナイトブラ という商品サイトの説明文です。クーパー靭帯がバストを上から引っ張ることで、バストが垂れるのを防いでいるわけです。しかし、このクー...

「朝に野菜ジュースを1杯飲んだ」とか「昼は時間がないからビタミンが豊富な野菜ジュースを飲んだ」と言って安心していてはいけません。たとえフレッシュな100%の野菜ジュースを1杯(200グラム)を飲んだとしても、小鉢の野菜1皿分くらいにしかならない事を覚えておいてください。実は、一日に摂取したい野菜の量の目安は、小鉢であれば5~6皿になるのです。とは言っても、「それなら野菜ジュースを5杯飲めば良いのか...

「水って沢山飲んだほうがいいんじゃないの?」多くの女性はそう思っていますし、特にダイエットに真剣なモデルさんなんかは、競って、1日2リットルも3リットルも水を飲んでいると言われています。でもちょっと待ってくださいね。実は、このように「水分を摂れば摂るほど良い」という考え方には医学的根拠がないのです。私もお医者さんに聞きましたが、「適量が一番、やりすぎはむしろ危険」と言われてしまいました。では、どの...

女性に嬉しい効果がたくさんあるビタミンB6。つい先日も、心臓の病気を専門としたアメリカの大きな学会で、「心筋梗塞を起こした女性は、血中のビタミンB6濃度が低い」という報告がありました。この報告では、男性ではなく「女性」に限定した話です。心臓が弱い人は、ビタミンB6が不足していた、と科学的根拠が示されたそうです。そもそもビタミンB6の効果は、髪の毛や肌、歯の若さを守ったり、神経の働きを正常に保ったり...

今回は、不眠症について。実は不眠症は日本人の約20%が経験したことがあると言われるほど、悩んでいる人の多い病気です。不眠はストレスホルモンの分泌を増やしてしまい、鬱になりやすい可能性があるとも。そんな不眠の対策がレタスでできるのを知っていましたか?レタスに含まれる”ラクチュコピクリン”という成分には、鎮静作用があり、睡眠効果を期待できるんです。小さいレタスなら半分くらい、大きいレタスなら4分の一程...

できるだけ健康で長生きしたいですよね。具体的にどんな人が長生きしているのでしょうか?日本人で100歳まで長生きした人の食事を調べると、結構な割合で肉を食べていることがわかったんです。長寿の人は必ずしも菜食ではなく、しかも小太り!(BMI22.5~25)私たちの体の重要な臓器はたんぱく質で作られているので、生命の秘密は、たんぱく質に秘められていると言われています。ですから、タンパク質を減らすダイエッ...

今日は薄毛について。男性女性を問わず、歳を重ねるごとに髪の毛の悩みは増していきますよね?薄毛の原因薄毛の原因は、生活習慣の乱れホルモンバランスの崩れ加齢ストレスなど。それが原因となって、髪の毛を作り出す細胞である「毛母細胞(もうぼさいぼう」が活動を休止してしまうのです。薄毛対策抜け毛対策をするには、この「毛母細胞」を復活させて、ヘアサイクルを元に戻さなくてはなりません!その救世主となるのが、IGF...

おなかの調子は、そのときの体の”抵抗力”を表しています。腸は、カラダの免疫系の約半分の役割を担っているといわれているほど。老けないためには、腸の調子を良くすることが大切なのです。風邪をひきやすい口内炎ができやすい吹き出物が治りにくいといった時は免疫力が落ちている証拠です。特に、便秘をしたり、抗生物質を常用すると、腸内で良い菌が働かなくなってしまって、免疫力が落ちて、病気になりやすくて治りにくい体に...

アスタキサンチンは抗酸化物質として有名ですよね?このアスタキサンチンを豊富に含んでいるのが、さけです。アスタキサンチンの効果は、シワの防止、免疫力の向上、動脈硬化の予防、抗ガン作用です。さけには、神経伝達物質の原料で、筋肉を引き締める効果がある「DMAE(ジメチルアミノエタノール)」という物質が含まれています。DMAEは自然界に存在する物質で、食品では魚に多く含まれています。神経伝達物質の一つで、...

脳の老化防止・認知症予防ができると科学的に証明されているサプリメントの第一位は、イチョウ葉です。脳の血行をよくして、動脈硬化を防ぐだけでなく、もの忘れや認知症予防の効果もあります。もし食品で取りにくい場合は、サプリメントを上手に活用しましょう。頭に良い食べ物には、以下の3つの効果があります。動脈硬化を予防するもの血流をよくして脳梗塞を予防するもの脳代謝をよくして脳機能を改善するものなどがあります。...

アンチエイジングを考える上で、フルクトース(果糖)の摂り過ぎは要注意です。特にジュースや清涼飲料水の原材料名にある「果糖ブドウ糖液糖」という表示は、フルクトースが含まれていることを示しています。肝臓に脂肪がたまる脂肪肝、肥満、糖尿病は、過食や飲酒が原因と思われていますが、最近ではフルクトースが誘引で起こることも少なくないと報告されています。フルクトースは、同じ単糖類のグルコース(ブドウ糖)に比べて...

呼吸は、美と健康の源です。ゆっくりした呼吸は、自律神経を整える効果が非常に高く、アンチエイジングに効果的です。自律神経とは、血管、平滑筋、内蔵などに無意識に働いて、代謝、消化、循環などの維持や調節をする神経系のこと。自律神経には、交感神経と副交感神経という相反する働きをする2つの神経があり、この2つの神経が12時間交代で(昼は交感神経が、夜は副交感神経が中心に)逆方向に働くことで、体内の状態の維持...

朝のストレッチは、体を目覚めさせ、頭にスイッチを入れる効果的な方法です。朝は体が一番硬い時間ですから、いきなり力を入れずに、大きな筋肉からゆっくり伸ばすのがコツです。まず、目覚めたら布団の中で、体が上下に引っ張られるような感じで、手足を伸ばしていきます。10数えたら、力を抜きます。これを3回繰り返します。次に、ひざを立て、ひざを両手で抱えて、太ももをお腹に近づけます。近づけたらゆるめるのを、3会を...

普通に歩いていて、大した段差もないのに、ついつまずいてしまったという経験はありませんか?つまずきやすいのは、股関節(こかんせつ)の柔軟性が低下している証拠かもしれません。股関節は、体の中で最も大きな関節ですが、普段はほとんど意識していないと思います。けれども、股関節を意識して柔軟性を高めることで、身体能力を若返らせることができるのです。また、股関節が柔軟になって、正しい位置に戻れば、血流も代謝もア...

足の冷えとむくみに悩んでいる人は、多いのではないでしょうか?特に女性に多い悩みです。これは、下半身の筋肉の柔軟性と血流が低下していることが原因です。そこで、驚くほど簡単な解決方法をご紹介します。爪磨きと足首回しです!まず、床に座って、足の爪を1本ずつていねいに磨くように指でマッサージします。イタ気持ちいい程度に力を入れて、爪の付け根をこすったり、爪を左右からグッと忍足、をていねいに行います。足の爪...

今日はパートナーや友人と、ふたりで行う肩こり対策をご紹介します。”仲良く”行うことが、この方法の効果を高めるポイントです。パートナーや友人に背中側に来てもらい、肩を上から両手で軽く力を入れて、押さえてもらいます。手の重みを感じながら、肩をスーッと上げて、耳に近づけます。3秒間キープしたら、ワンツースリーで、一気に肩を下に降ろします。そのとき、パートナーや友人にも一緒に力を抜いてもらいます。これを5...

脳の視床下部(ししょうかぶ)のBDNF(脳由来神経栄養因子)という物質に、脳の細胞を増やし、認知症やアルツハイマーの予防と肥満予防の作用があることがわかりました。このBDNFを増加させるにはどうすれば良いかといえば”運動”です。それもハードな運動ではなく、有酸素運動程度の軽い運動がいいことがわかりました。たとえば、1日3.2キロ程度のウォーキングでいいのです。1日0.4帰路しか歩かない人は、3.2...

もちろんご存知でしょうが、タバコは肺がんの重大な危険因子としてエビデンス(科学的根拠)があります。ほかにも狭心症、心筋梗塞、脳卒中などの心臓、血管系の老化、障害を起こす最大の原因はタバコであることもわかっています。吸わない人に比べて、タバコを1日1~14本吸う人は1.6倍の死亡リスク、25~49本吸う人は2.1倍も死亡リスクが、そして50本以上吸う人は3.0倍の死亡リスクがあります。それだけではあ...

毎朝、体調をチェックすることは、毎日を健康に過ごすために大切です。そこで、とても簡単な体調チェック法をご紹介します。朝目覚めた瞬間から、ベッドを離れるまでの時間の長さで、その日の体調をチェックすることができるのです。目覚めてから起き上がれるまでの時間が長いほど、元気な証拠。目覚めたのに、なかなか起き上がれず、いつまでもベッドでゴロゴロしている(あるいは、していたい)日は、体調が落ち、疲れているサイ...

「日焼けが健康的」は、ウソなんです!皮膚を老化させる最大の原因は、紫外線です。紫外線は活性酸素を増やし、皮膚細胞を傷つけ、皮膚の酸化と糖化を進ませ、シミ、シワ、たるみなどの肌老化へと導いてしまうのです。さらに最も怖いのは、紫外線と皮膚がんとの関係です。もともと皮膚がんは、皮膚の弱い白人に多いがんですが、日本人も近年増加傾向です。特に、60代以降の皮膚がんが増えていて、若い時代に「健康にいいから」「...

年齢を重ねるごとに増えてくるのが、頻尿の悩みですよね?女性に多い悩みとしても知られていますが、男性の場合、前立腺肥大の初期症状の危険性があります。男女ともに1日4~8回の排尿が正常と言われていて、昼間1日10回以上(あるいは2時間以内に行きたくなる)、就寝後に2回以上トイレに行く場合は、頻尿と考えられます。前立腺の肥大とトイレの回数とは大きく関係していますので、「頻尿かな?」と思ったら、前立腺肥大...

私たちがストレスを感じるのは、人間関係が一番ですが、仕事の中で感じるストレスを分析してみると、3つの事柄に集約されます。それは、「同じことの繰り返し」「未処理の仕事の多さ」「優先順位の低いことに精力を費やすこと」ですこの3つが増えるほど、仕事へのストレスが増すのです。逆に言えば、「新たな仕事を生み出す」「未処理の仕事が増えすぎたら助けを求める」「優先運位の高いことに多くの時間を費やす」方法を考えれ...

睡眠は、ストレス緩和、細胞修復、代謝促進…など、アンチエイジングの重要なカギになります。眠らないと、肥満、高血圧、糖尿病、不整脈、心筋梗塞や脳梗塞のリスクまで高まってしまいます。また、記憶の定着や脳の機能にも、睡眠は大きな影響力を持っているのです。不眠の対策は、健康と若さを維持するためにも非常に大切です。2009年のOECD(経済協力開発機構)が発表した調査を見ると、日本人の睡眠時間は先進国18か...

頻尿や尿漏れは、命に関わる病気になることは多くはありません。しかし、日常生活の質(QOL)を著しく低下させ、活動が制限されてしまいますので、若さ維持のためにも放ってはおけません。頻尿、尿漏れ対策は、過活動膀胱や腹圧性尿失禁の治療にもなります。そもそも「トイレはマメに行ったほうがいい」というのは大きな誤りなのです。頻尿、尿漏れ対策には、トイレは少し我慢して膀胱に尿をためておく”膀胱トレーニング”をす...

甘いものは好きですか?老化を進ませ、美容にもメタボにも悪いことはわかっているものの、やはりつい食べたくなるものが甘いものですよね。甘いものは、絶対NGなどというのはナンセンスです。そんなルールを作ったら、ストレスが溜まって、かえって老化を促進しかねません。強いストレスは血管を収縮させ、血圧や血中コレステロール値が上昇。血管の老化はどんどん加速して、心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすくなることも分かってい...