【10歳若返る】アンチエイジング厳選サプリメント!効果・口コミが良い人気おすすめランキング

美白成分とは?-シミ・そばかすを防ぐ、肌のホワイトニング

「美白成分って、たまに聞くけど、何なの?」
「どう働くの?」

 

今回は、美白成分について詳しく解説していきます。

 

もくじ



美白成分とは?

種類 代表的な成分
1.メラニンの生成を抑制 ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルノシール、カモミラET、トラネキサム酸、プラセンタエキス、リノール酸 など
2.メラニンの排泄を促進 ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、リノール酸 など
3.メラニンを還元 ビタミンC誘導体、エラグ酸 など

 

美白成分には3つのアプローチがある

シミやそばかすの原因は、紫外線です。
紫外線を浴びると、活性酸素が発生し、肌を傷つけます。
これから肌を守ろうとして、「メラニン」が作られます。
メラニンがシミやそばかすを作るもとなのです。

 

美肌成分は、このメラニンに対して3つのアプローチをします。

  1. メラニンの生成を抑制
  2. メラニンができにくい状態にする、あるいはメラニンが出来上がる状態を邪魔するという成分です。
    つまり、紫外線を浴びる前に、これを塗っておくとよいという事です。

     

  3. メラニンの排泄を促進
  4. 肌のターンオーバーとともに、メラニンを排泄しようと促す成分です。
    新陳代謝を高めることによって、メラニンを早く追い出しましょう、というものです。
    メラニンが作られてもどんどん排泄できるよう、普段からこの成分を塗っておくとよいでしょう。

     

  5. メラニンを還元
  6. できてしまったメラニンを分解して、メラニンではないモノに変えてしまう成分です。
    還元とは簡単に言えば、「酸素を外して別の物質に変える」化学反応です。
    これによって、メラニンは色のない、まったく別のモノになり、シミやそばかすを防ぎます。
    紫外線を浴びた後のケアに最適と言えます。

 

そもそも活性酸素はアンチエイジングの大敵です。
活性酸素の害を防ぐ方法は、美白以外にも「抗酸化成分」「アンチエイジング成分」と呼ばれています。
参加による廊下から身を守る、という意味では、同じ働きをしているのです。

 

具体的な美肌成分を挙げて、細かく見ていきましょう。

 

ビタミンC誘導体とは?-水溶性と油溶性、そして両方に溶ける成分も

効果・効能 メラニンの生成抑制・排泄促進・還元
表記例 水溶性:リン酸アスコルビンMg(医薬部外品ではリン酸L-アスコルビルマグネシウム)、アスコルビルグルコシドなど
油溶性:ステアリン酸アスコルビル、パルミチン酸アスコルビル、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル など
両方に溶ける:パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(略称はAPPS)、イソステアリルアスコルビルリン酸2Na(略称はAPIS)

 

ビタミンC誘導体はアレンジ版

抗酸化作用の高いビタミンC単体では壊れやすく、肌に浸透しにくいので、化粧品では基本的に改造したものを使います。
それがビタミンC誘導体です。
メラニンに対しては3つのアプローチ(生成抑制・排泄促進・還元)をすべてこなす、美白成分の優等生的存在と言えるでしょう。

 

油に溶けるタイプはクリームや美容オイルに

ビタミンCはもともと熱や光に弱く、水に溶けやすい性質があります。
また、水に溶かした状態でも不安定であること、そのままでは油に溶けにくいことから、油溶性ビタミンC誘導体が誕生しました。
ステアリン酸やパルミチン酸などと結合させることで油に溶かしやすく、しかも壊れにくく安定化した成分です。
クリームや美容液などに使われます。

 

次世代ビタミンC誘導体も次々登場

さらに研究が進み、水にも油にも溶けやすい性質のビタミンC誘導体も登場しています。
APPSあるいはアプレシエという名前が有名ですが、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naのことです。
このほかにも、イソステアリルアスコビルリン酸2Na(APIS)、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸(VC-MG)、3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸(VC-3LG)などがあります。
化粧品と医薬部外品では表記名が変わることもありますが、いずれもビタミンCの構造を意味する「アスコルビル」がキーワードです。

 

プラセンタエキスとは?-胎盤パワーでメラニンを抑制・排泄

効果・効能 メラニンの生成抑制・排泄促進
表記例 プラセンタエキス

 

アンチエイジング化粧品にはマスト

主に豚の胎盤から抽出するエキスで、保湿効果や皮膚の細胞を活性化する効果に優れています。

 

美白作用も、メラニンの生成に欠かせない酵素「チロシナーゼ」※の活性を阻害してメラニンの生成を抑制する効果と、新陳代謝を高めてメラニンを排泄させる効果があります。

 

精製方法によって成分の違いは出ますが、アミノ酸類やビタミン類、ミネラル類のほか、酵素なども豊富に含まれているため、アンチエイジング化粧品では多用されています。

 

チノシナーゼとは

チノシナーゼは、酸化酵素のことです。

 

人間の皮膚は紫外線を浴びると、その予防としてメラニンを作ります。
メラニンを作る細胞をメラノサイトと言います。

 

メラノサイトという細胞内で、チロシンという物質が酸化して黒くなり、メラニンになります。
チノシナーゼは、チロシンの酸化を促す物質です。

 

美白作用には、このチロシナーゼの活性を阻害することで、メラニンを作らせない効果があるのです。

 

 

リノール酸とは?-ベニバナやヒマワリの油から抽出

効果・効能 メラニンの生成抑制・排泄促進
表記例 リノール酸、リノール酸S

 

肌をやわらかくする不飽和脂肪酸に美白効果も

水分の蒸発を防ぎ、肌をやわらかくする作用のあるリノール酸は、ベニバナやヒマワリなどの植物油から抽出される成分です。
リノール酸Sの相性が、リノレックSです。

 

チロシナーゼを分解して量を減らし、メラニンの生成を抑制するだけでなく、新陳代謝を高めてメラニン排泄を抑制する効果もあります。

 

 

アルブチンとは?-漂白作用をもつハイドロキノンと似た構造

効果・効能 メラニンの生成抑制
表記例 アルブチン(β-アルブチン)、α-アルブチン

 

別名・ハイドロキノン誘導体

美白効果が高いハイドロキノンは作用が強すぎて、副作用も起きやすい成分です。
ほとんどのメーカーでは安全のために使わないか、使ったとしても配合量を非常に抑えています。

 

このハイドロキノンと似た分子構造を持っているのが、アルブチンです。
コケモモなどの植物に含まれる成分で、メラニンの合成を阻害する作用があります。
「ハイドロキノン誘導体」と呼ばれていますが、ハイドロキノンほど強烈な作用はないため、刺激も少ない安全な成分です。

 

アルブチンのαとβの違いは効果の違い

一般的に、アルブチンというのはβ-アルブチンのことです。
成分表示ではアルブチンと表記されています。
α-アルブチンはハイドロキノンにブドウ糖を結合したもので、β-アルブチンの10倍以上のメラニン抑制効果があると言われています。
刺激もほとんどなく、安定した成分です。

 

多くの美白化粧品に配合されている成分

アルブチンはチロシナーゼの働きを阻害して、メラニンの生成を抑制する効果があります。
さまざまな美白化粧品に配合されています。

 

コウジ酸とは?-麹から生まれた生理活性成分

効果・効能 メラニンの生成抑制
表記例 コウジ酸

 

米麹から発見された美白成分

コウジ酸は、みそやしょうゆ、日本酒の発酵に使う米麹から発見された成分です。
「日本酒製造の現場で働く杜氏(とうじ/醸造工程を担当する職人)の手が白くてツヤツヤしていることから、研究が始まった」というブランドストーリーが有名です。

 

コウジ酸は、チロシナーゼの中にある銅イオンを奪うことで、活性を阻害する効果があります。
これによってメラニンが作れないようにして、シミやそばかすを防ぐのです。

 

 

エラグ酸とは?-ポリフェノールの一種の医薬部外成分

効果・効能 メラニンの生成抑制・還元
表記例 エラグ酸

 

コウジ酸同様、チロシナーゼの活性を阻害する

イチゴの美白効果に着目し、そのポリフェノール成分であるエラグ酸に美白効果があることがわかりました。
エラグ酸自体はブドウやイチゴ、ベリー類などの果物や木の実、茶葉などに含まれているポリフェノールです。

 

化粧品に配合されるエラグ酸は、ペルー原産のマメ科植物であるタラから抽出されています。
ほかの美白成分と同様に、チロシナーゼの活性を阻害して、シミやそばかすを防ぎます。

 

ルシノールとは?-木の成分に含まれる天然成分がヒントに

効果・効能 メラニンの生成抑制
表記例 4-n-ブチルレゾルシノール

 

シベリアモミの木の成分から改良

ルシノールは、シベリアモミの木の成分に改良を重ねて、チロシナーゼの活性を阻害する美白成分として誕生しました。

 

同様に、木の成分から生まれた「マグノリグナン」(ホオノキの樹脂に含まれるポリフェノール)という成分もありましたが、現在はあまり使われていません。

 

カモミラETとは?-メラニンを作る指令をストップさせる

効果・効能 メラニンの生成抑制
表記例 カミツレ花エキス、カモミラET

 

化粧品でよく使われるカミツレ花から生まれた

カモミラETはキク科の植物であるカミツレ(カモミール)の花からとれる美白成分です。
カミツレ花エキスには保湿、抗炎症、収れん、殺菌、血行促進などの効果もあります。

 

カモミラETはメラニンを作るように指令を出す情報伝達物質「エンドセリン」の働きを阻害して、メラニンの生成を抑制します。

 

トラネキサム酸とは?-メラニンを作る細胞の活性化を抑制

効果・効能 メラニンの生成抑制
表記例 トラネキサム酸、M-トラネキサム酸、t-AMCHA、トラネキサム酸セチル塩酸塩(TXC)

 

いくつかのアプローチでメラニンを作らせない

トラネキサム酸は、もともと抗炎症成分として医療品などに使われていた成分です。
昔から歯磨き粉などに入っていた成分ですが、以前は美白作用が認められていませんでした。

 

t-AMACHA(T-シクロアミノ酸誘導体)は、情報伝達物質を抑制して、メラノサイトに指令が届かないようにするものです。
m-トラネキサム酸も同様にメラノサイトを活性化する活性化因子の働きをブロックします。

 

また、トラネキサム酸セチル塩酸塩も、情報伝達物質を抑制して、メラニンの生成を抑制します。
トラネキサム酸は、「肝斑(かんぱん/ホルモン由来のシミ)」にも効果があることが認められています。

 

情報伝達物質とは?

紫外線を浴びると、表皮細胞のケラチノサイトからメラノサイトへ「メラニンを作れ」という指令が出る。
いくつかの情報伝達物質が働いてメラノサイトを活性化し、結果メラニンが作られる。
トラネキサム酸やカモミラETは、この情報伝達物質をブロックすることで、メラニンの生成を抑制する。

 

4MSKとは?-たまったメラニンの排泄を促す

効果・効能 メラニンの生成抑制・排泄促進
表記例 4-メトキシサリチル酸カリウム塩

 

シミがある部分の角質層に作用

4MSKはサリチル酸の誘導体です。
チロシナーゼの活性を抑えるとともに、シミの部分で起きている悪循環を抑制して、たまったメラニンの排泄を促します。

 

エナジーシグナルAMPとは?-新陳代謝を高め、メラニンの蓄積を抑える

効果・効能 メラニンの排泄促進
表記例 アデノシン-リン酸二ナトリウムOT

 

AMPでターンオーバーを促進

AMPとは「アデノシン-リン酸」の略称で、もともと体内に存在する成分です。
エネルギー代謝を高めてターンオーバーを促すことで、メラニンの排泄を促進します。

 

ニコチン酸アミドとは?-メラニン生成を抑制するビタミンB3の一種

効果・効能 メラニンの生成抑制
表記例 ニコチン酸アミドW、D-メラノ など

 

別名・ナイアシンアミドとも呼ばれる

ニコチン酸アミドはビタミンB3の一種で、ナイアシンアミドとも呼ばれます。
メラニンの生成を抑制し、シミやソバカスを防ぎます。

 

 

関連ページ

バリア機能改善とは?-水分を保持して、強く美しい肌に
アンチエイジングは「いつまでも若くありたい」を叶えてくれます!アンチエイジングに効果的な栄養を手軽に摂れるサプリメントを人気おすすめ順にランキングで紹介。ぜひ若返りを実感してください! サプリが効く理由、副作用はないの?など徹底解説中。必見の内容です!
抗炎症とは?-肌荒れやかゆみ、炎症を抑える有効成分
アンチエイジングは「いつまでも若くありたい」を叶えてくれます!アンチエイジングに効果的な栄養を手軽に摂れるサプリメントを人気おすすめ順にランキングで紹介。ぜひ若返りを実感してください! サプリが効く理由、副作用はないの?など徹底解説中。必見の内容です!
抗シワ成分とは?-乾燥から加齢までさまざまな原因のシワに効果
アンチエイジングは「いつまでも若くありたい」を叶えてくれます!アンチエイジングに効果的な栄養を手軽に摂れるサプリメントを人気おすすめ順にランキングで紹介。ぜひ若返りを実感してください! サプリが効く理由、副作用はないの?など徹底解説中。必見の内容です!
紫外線防御とは?-市販の日焼け止めに使われる成分
アンチエイジングは「いつまでも若くありたい」を叶えてくれます!アンチエイジングに効果的な栄養を手軽に摂れるサプリメントを人気おすすめ順にランキングで紹介。ぜひ若返りを実感してください! サプリが効く理由、副作用はないの?など徹底解説中。必見の内容です!
ピーリング・角質柔軟の成分とは?-ターンオーバーを促して肌を柔らかくする
アンチエイジングは「いつまでも若くありたい」を叶えてくれます!アンチエイジングに効果的な栄養を手軽に摂れるサプリメントを人気おすすめ順にランキングで紹介。ぜひ若返りを実感してください! サプリが効く理由、副作用はないの?など徹底解説中。必見の内容です!
皮脂抑制とは?-皮脂腺に働きかけるニキビ対策成分
アンチエイジングは「いつまでも若くありたい」を叶えてくれます!アンチエイジングに効果的な栄養を手軽に摂れるサプリメントを人気おすすめ順にランキングで紹介。ぜひ若返りを実感してください! サプリが効く理由、副作用はないの?など徹底解説中。必見の内容です!
増粘剤とは?-とろみや粘度を出して、使いやすくする添加物
アンチエイジングは「いつまでも若くありたい」を叶えてくれます!アンチエイジングに効果的な栄養を手軽に摂れるサプリメントを人気おすすめ順にランキングで紹介。ぜひ若返りを実感してください! サプリが効く理由、副作用はないの?など徹底解説中。必見の内容です!
防腐剤とは?-水性成分を菌から守って腐らせない
アンチエイジングは「いつまでも若くありたい」を叶えてくれます!アンチエイジングに効果的な栄養を手軽に摂れるサプリメントを人気おすすめ順にランキングで紹介。ぜひ若返りを実感してください! サプリが効く理由、副作用はないの?など徹底解説中。必見の内容です!
酸化防止剤とは?-酸化しやすい成分で劣化を防ぐ
アンチエイジングは「いつまでも若くありたい」を叶えてくれます!アンチエイジングに効果的な栄養を手軽に摂れるサプリメントを人気おすすめ順にランキングで紹介。ぜひ若返りを実感してください! サプリが効く理由、副作用はないの?など徹底解説中。必見の内容です!
キレート剤とは?-金属イオンから化粧品を守る
アンチエイジングは「いつまでも若くありたい」を叶えてくれます!アンチエイジングに効果的な栄養を手軽に摂れるサプリメントを人気おすすめ順にランキングで紹介。ぜひ若返りを実感してください! サプリが効く理由、副作用はないの?など徹底解説中。必見の内容です!
pH調整剤とは?-中和あるいは弱酸性を保つために配合される成分
アンチエイジングは「いつまでも若くありたい」を叶えてくれます!アンチエイジングに効果的な栄養を手軽に摂れるサプリメントを人気おすすめ順にランキングで紹介。ぜひ若返りを実感してください! サプリが効く理由、副作用はないの?など徹底解説中。必見の内容です!
香料とは?-天然香料と合成香料がある
アンチエイジングは「いつまでも若くありたい」を叶えてくれます!アンチエイジングに効果的な栄養を手軽に摂れるサプリメントを人気おすすめ順にランキングで紹介。ぜひ若返りを実感してください! サプリが効く理由、副作用はないの?など徹底解説中。必見の内容です!
着色剤とは?-粉状の顔料か植物エキス、ビタミンなど
アンチエイジングは「いつまでも若くありたい」を叶えてくれます!アンチエイジングに効果的な栄養を手軽に摂れるサプリメントを人気おすすめ順にランキングで紹介。ぜひ若返りを実感してください! サプリが効く理由、副作用はないの?など徹底解説中。必見の内容です!