【10歳若返る】アンチエイジング厳選サプリメント!効果・口コミが良い人気おすすめランキング

アンチエイジング用語

化粧品と肌を守る安定化成分とは?

使い心地や安定性を高める重要な成分です。

 

手作りコスメの一番怖いところは、品質が劣化したり、形状が変わったり、腐ってしまう可能性がある点です。

 

しかし、製品として売られている化粧品は、まずそんなことはありません。

 

「品質向上・安定化成分」に守られているからです。

 

そこで活躍しているのが、増粘剤(ぞうねんざい)なのです。

アンチエイジング用語記事一覧

「美白成分って、たまに聞くけど、何なの?」「どう働くの?」今回は、美白成分について詳しく解説していきます。もくじ美白成分とは?ビタミンC誘導体とは?プラセンタエキスとは?リノール酸とは?アルブチンとは?コウジ酸とは?エラグ酸とは?ルシノールとは?カモミラETとは?トラネキサム酸とは?4MSKとは?エナジーシグナルAMPとは?ニコチン酸アミドとは? 種類代表的な成分1.メラニンの生成を抑制ビタミンC...

「バリア機能改善って、たまに聞くけど、何なの?」「どうして必要なの?」今回は、バリア機能改善について詳しく解説していきます。もくじバリア機能改善とは?セラミドとは?アミノ酸類とは? バリア機能改善とは?代表的な成分セラミド、類似セラミド、アミノ酸類 などバリア機能とは、角質層から水分が蒸発するのを防いだり、外部からの刺激物の侵入を防ぐ仕組みです。肌の表面の角質層には、細胞と細胞の間に「細胞間脂質」...

「抗炎症って、たまに聞くけど、何なの?」「どうして必要なの?」今回は、抗炎症について詳しく解説していきます。もくじ抗炎症とは?グリチルリチン酸類とは?アラントインとは?ヨクイニンエキスとは? 抗炎症とは?代表的な成分グリチルリチン酸2K、グリチルレチン酸ステアリル、カンゾウ根エキス、アラントイン、ヨクイニンエキス など化粧品で使われる抗炎症成分の中には、配合の上限は決められていますが、医薬品でも使...

「抗シワ成分って、どんな成分?」「どうしてシワに効くの?」今回は、抗シワ成分について詳しく解説していきます。もくじ抗シワ成分とは?ビタミンA誘導体とは?フラーレンとは?ユビキノンとは?白金とは?シワ対策コスメの流行 抗シワ成分とは?代表的な成分ビタミンA誘導体、フラーレン、ユビキノン、白金乾燥によるシワは保湿効果が高いものを、活性酸素によるシワは抗酸化作用が高いものを、老化によるシワは肌の線維に働...

「紫外線防御って、たまに聞くけど、何なの?」「どうして必要なの?」今回は、紫外線防御について詳しく解説していきます。もくじ紫外線防御とは?紫外線吸収剤とは?紫外線散乱剤とは? 紫外線防御とは?代表的な成分オキシベンゾン類、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、 t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、ジエチルアッミノヒドロキシベンゾイル安息香酸など紫外線には、UV-A(紫外線A波)とUV-B(紫外線B波)...

「ピーリングや角質柔軟って、たまに聞くけど、何なの?」「どうして必要なの?」今回は、ピーリング・角質柔軟について詳しく解説していきます。もくじピーリング・角質柔軟の成分とは?AHAとは?サリチル酸とは? ピーリング・角質柔軟の成分とは?代表的な成分AHA(グリコール酸、乳酸)、サリチル酸 AHAとは?-別名・フルーツ酸、皮膚科でも使われるピーリング剤効果・効能角質を溶かして、新陳代謝を促す表記例グ...

「増粘剤って、たまに聞くけど、何なの?」「どうして必要なの?」今回は、増粘剤について詳しく解説していきます。もくじ増粘剤とは?水溶性増粘剤とは?油溶性増粘剤とは?高分子乳化剤とは?メーク製品に使う増粘剤は、粘土系か粉体系 増粘剤とは?分類代表的な成分水溶性カルボマー類、キサンタンガム、セルロースガム、ヒドロキシエチルセルロース、ポリアクリル酸Na など油溶性パルミチン酸デキストリン など高分子乳化...

「防腐剤って、たまに聞くけど、何なの?」「どうして必要なの?」今回は、防腐剤について詳しく解説していきます。もくじ防腐剤とは?パラベン類とは?フェノキシエタノールとは?その他の防腐剤 代表的な成分パラベン類、フェノキシエタノール、安息香酸Na、デヒドロ酢酸Na、ヒノキチオール など化粧品が工場でできあがってから、流通・販売され、消費者が使い切る最後までの長時間、品質を保つのが防腐剤です。場合によっ...

「酸化防止剤って、たまに聞くけど、何なの?」「どうして必要なの?」今回は、酸化防止剤について詳しく解説していきます。もくじ酸化防止剤とは?BHTとは?トコフェロールとは? 代表的な成分BHT、トコフェロール(天然ビタミンE) など酸化防止剤とは、化粧品が参加して変質したり、変色するのを防ぐ成分です。特徴は、その成分自体が「非常に酸化しやすい」ところです。つまり活性酸素を引きよせて自らが参加すること...

「キレート剤って、たまに聞くけど、何なの?」「どうして必要なの?」今回は、キレート剤について詳しく解説していきます。もくじキレート剤とは?EDTA塩類とは?エチドロン酸塩類・メタリン酸Naとは?クエン酸とは? 代表的な成分EDTA塩類、クエン酸、エチドロン酸塩類、メタリン酸Na など金属イオン(カルシウムや鉄、マグネシウムなどのイオン)、つまりミネラル分が化粧品の成分と結合すると性能を落としてしま...

「pH調整剤って、たまに聞くけど、何なの?」「どうして必要なの?」今回は、pH調整剤について詳しく解説していきます。もくじpH調整剤とは?アルカリ性のpH調整剤とは?酸性のpHd調整剤は? 分類代表的な成分アルカリ性水酸化Na、TEA など酸性クエン酸、リンゴ酸 などpHとは、液体がアルカリ性か酸性かを知る目安です。化粧品には、酸性成分とアルカリ成分のちょうどいい状態、つまり中世に保って作用を発揮...

「香料って、たまに聞くけど、何なの?」「どうして必要なの?」今回は、香料について詳しく解説していきます。もくじ香料とは?天然香料とは?合成香料とは? 香料とは?主な働き香りをつける表記例天然香料:オレンジ果皮油、ティーツリー葉油 など合成香料:香料 天然香料は、食物から得られる精油など植物の名前がついたエッセンシャルオイルなどがよく使われています。エキスの場合は機能成分を期待して配合されていますが...

「着色剤って、たまに聞くけど、何なの?」「どうして必要なの?」今回は、着色剤について解説していきます。着色剤とは?主な働き着色する、色褪(いろあ)せを目立たなくする、高級感を出す表記例顔料:酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄、タルク、シリカ、パール、ベンガラ など植物エキス:オウレンエキス、オウバク(キハダ)エキス などビタミン類:リボフラビン(ビタミンB2)などその他:カラメルなど法定色素:赤 201...