アンチエイジング人気のおすすめサプリは?副作用なし!若返りを実感できるランキングはこちら

お肌知識

お肌知識記事一覧

すっきり起きるためには、睡眠時間は90分の倍数がおすすめ。眠りには周期がある眠りには、ノンレム睡眠とレム睡眠の2種類があります。レム睡眠レム睡眠とは、いわゆる浅い眠りで、体は眠っているけど脳は活発に動いている状態。物音などで目が覚めやすく、脳は活動しているから夢も見ます。ノンレム睡眠ノンレム睡眠とは、脳も体も深い眠りで休んでいる状態です。ストレスを除去し、ホルモンを分泌するとても大事な時間なんです...

喫煙している人特有の顔を、スモーカーフェイスと呼ぶことがあります。肌のハリがなく、シミやくすみが目立ったり、頬の毛穴が開いたり、目尻のシワが多く出たり。ほうれい線も深くなるし、口まわりのシワもくっきり出たりして。思い当たる顔の人、周りにいませんか?喫煙がシワになる原因これらの症状がなぜ起こるかといえば、まず第一に体内のビタミンCが消費されてしまうから。喫煙者の血中のビタミンCは、非喫煙者の半分以下...

下向きの姿勢はNG!スマートフォンをいじるときって、だいたい下向きになってますよね。でもこの角度、首のたるみやシワの原因になりかねない危険な体勢ってご存知ですか?さらに小さい文字を凝視するため、無意識に目を細めたり、眉間のシワを寄せたりしてしまったりしてしまいがちです。この表情、続ければ続けるほど老け顔一直線!普通ならば、40代以降に出ることが多い眉間や額、首のシワですが、最近は20代後半から30...

ここ数年、ランニングブームが続いていますね。健康維持のために、運動は欠かせません。毎日、できるだけ「歩く」「動く」を心がけ、週に1回くらいはランニングなど、息が上がるような運動を取り入れるのが理想的と言われています。適度な有酸素運動は代謝アップにつながるし、肌のハリも良くなります。でもバランスが大事なのは、食生活も運動も一緒です。有酸素運動も、ハードにやりすぎると活性酸素の原因になりかねない。つま...

飲みすぎは注意です。適量であれば問題ないけれど、大量の飲酒もまた、コルチゾールと呼ばれる副腎皮質ホルモンを分泌させ、コラーゲン代謝を妨げる作用があると報告されています。過度なアルコール摂取は、シワ発生の危険性を高める行為のひとつだということです。飲みすぎは活性酸素の発生につながるし、肝臓の疲労は肌のくすみや乾燥を引き起こし、結果的にシワへとつながることになります。なにより、アルコールによって影響を...

あなたのシワは、顔のどの部位に多いですか?目尻ならば、あなたがこれまでの人生、よく笑ってきた証拠かもしれません。イタリアでは、目尻のシワだけは美容整形で消さずに残す人が多いそうです。笑いジワなんていう言い方があるくらい、目尻のシワは幸せな人生の証なんですね。口まわりにシワが刻まれているのは、不平や不満を口に出しやすい人なのかも。アゴを上向きにして周りを見下ろすようにしていると、口角下制筋という、口...

40代初めから、プレ更年期障害の症状にご注意を女性ホルモンの減少が原因で起こる、身体的・精神的不調のことを更年期症状といいます。卵巣の機能が衰えて、卵巣から分泌されていた女性ホルモンの量が減少することで、さまざまな変化が出てくるんです。身体的不調の代表例は、月経不順やほてり、のぼせ、大量の汗、めまい。精神的不調には、不安感やイライラ、憂鬱な気持ち、不眠などがあります。でもそれとは別に、肌状態の悪化...

怒ったり、笑ったり、しかめっつらになったり。そんな筋肉の動きで生まれるのが、表情ジワというものです。表情が動こうと動くまいと、刻まれているシワは、いわゆる加齢による消えないシワ。皮膚の筋肉やたるみが原因で、加齢とともに目立つ一番わかりやすいシワでしょう。消えないシワそんな消えないシワにも種類があります。ひとつは目尻に多く出やすい、浅いちりめんジワのようなもの。そしてもうひとつは、おでこなどに刻まれ...

肌状態だけでなく、カラダの健康にも深く関係しているのが腸という臓器です。腸内環境には重さにしてなんと1.5kg、1000種類以上、100兆個もの腸内細菌が生息していて、それぞれの細胞が環境を維持するためにさまざまな他者物質を生み出しているのです。本来、人体に有害であるガスや物質を発生させる悪玉菌と、有益なものをもたらす善玉菌の力は拮抗しているもの。でもその腸内環境がいったん乱れると、全身の代謝や免...

ニキビができやすい人や、産毛の太い人の方は、毛穴も大きく開きやすい傾向にあります。誰しもが年齢とともにコラーゲンは減ってしまいますので、ハリがなくなり、毛穴が開いてしまいます。歳をとればコラーゲンが減る→ハリがなくなる→毛穴が開くつまり、誰でも年をとれば、毛穴は開いてしまうのです。では、一度毛穴が開いてしまうと、もう手遅れなのでしょうか?毛穴が開いたら、コラーゲンを補う顔にニキビができるのと、大量...

シミはレーザーで完全に取れるという認識があるかもれしません。しかし、レーザーにできることは、肌の表面に出てきたシミを薄くすることだけです。レーザーでは完全に消すことは不可能なのです。シミの原因シミは、皮膚の遺伝子へのダメージが、蓄積してできます。生まれてからずっと浴び続けてきた紫外線のダメージが、何十年も遺伝子に溜まっています。ダメージに耐え切れなくなった遺伝子は、エラーを起こしてメラニンを異常に...

ケミカルピーリングをすると、皮膚がカサカサしたり、赤みが出たり、というイメージがあるかもしれません。でもこれは昔の話で、現在使用・市販されているケミカルピーリングでは、ほぼそのような心配はいらないようです。ケミカルピーリングとはケミカルピーリングとはそもそもケミカルピーリングとは、薬剤を使って、古くなった角質を除去する治療法です。ケミカルピーリングの効果角質を取り去ることで、新しい皮膚が再生され、...

たるみ取りというと、小顔にもなれるという美顔ローラーを想像したり、顔の皮膚を切り取って持ち上げるリストアップ手術を思い浮かべる人も多いと思います。美顔ローラーは刺激によってメラニンの色素沈着の恐れがあります。リフトアップ手術は、術後何日も腫れるため、多忙な現代女性にはなかなかハードルが高いのが現状です。たるみを取る治療実は、”シミ取りレーザー”があるのと同様に、”たるみ取りレーザー”というものがあ...

顔のたるみの代表といえば、「頬のたるみ」「ほうれい線」「あごのたるみ(二重あご)」の3つですね。たるみの原因コラーゲンの減少たるみの原因は、皮膚を支えている”柱”のコラーゲンが加齢と共に減少することです。コラーゲンの支持力が弱くなり、皮膚や脂肪が下がってしまうのです。筋肉のたるみもう一つの原因は、”筋肉のたるみ”です。30歳前後になると、筋肉は1年に1%ずつ減少していきます。先にも述べましたが、筋...

突然ですが、お魚はお好きですか?今日はお魚の効果についてお話します。少し前ですが、こんな大規模な調査結果が発表になりました。コレステロールを下げる薬を服用している脂質異常症(高脂血症)の日本人約1万8500人を対象に、半数の人に魚の油=EPA(エイコサペンタエン酸)を約5年間摂取してもらいました。すると、EPAを摂取していた人は、しない人に比べて、5年後の狭心症や心筋梗塞などの発症が19%も減った...